プライバシーの権利とユーザーの選択肢